大阪女子のために包茎治療は確実に受けよう

大阪女子はなんでも話をネタ化するので、仮性包茎っていうのがばれたら大変です。
しかし、裸の付き合いを始めるようになると早晩ばれてしまいます。
周りに吹聴することは流石にないでしょうが、二人きりでいるときに、帽子を被ったペニー君なんてあだ名をつけられる可能性は大いにあります。
彼女なりに「包茎なんて気にしないで、あなたはあなたのままでいいのよ」っていうメッセージなのでしょうが、心の中では私のためにも包茎治療をしてほしい、私はたくましいペニスが好きなのって無言の圧力を感じてしまいます。
そもそも包茎は放っておいていいものではありません。
包皮が陰毛を巻き込んで引っ張られる何とも言えない痛みや、夏場の蒸れや悪臭、人目のないところではベルトを緩めてズボンに手を入れ包皮を剥いて亀頭を露出させる作業など面倒なことが多いのです。
包茎は専門のクリニックでしっかり治療をすることが彼女に対する誠意であると同時に自分のためにもなるのです。