性の悩みは思い込みの部分が強い

インポや早漏、短小に包茎、男性の性の悩みは結構多いのです。
その大部分は自分で勝手に思い込んでいるところも多く、悩まなくていい場合も多いのです。
早漏と包茎は因果関係があります、短小も包茎とに因果関係が指摘されています。
亀頭が包皮で覆われていたら、勃起して亀頭があらわになっても刺激に対しては弱いのです。
常時亀頭が露出していれば、刺激には強くなり、結果として早漏は治ります。
短小は、そう思い込んでいる人はいかに多いか、しかし本当に短小なのはごく一部です、それよりも、包茎によって亀頭が成長しないということはあります。
若年時代、勃起する機会が多いと、包茎になりやすいと言われています。
亀頭が自然に発達することを阻害されるのだそうです。
高校生の頃に包茎手術をしたら、元に戻る可能性が大きいそうです。
私は大阪のクリニックで、20歳の時に包茎治療で、迷わず手術を選択して正解でした。
性の悩みに悩みすぎると、本当の精神疾患に至るケースが結構あるのです。
異性に消極的になるあまり、対人恐怖症になってしまうというケースもあります。
性の悩みは思い切って手術で治しましょう。

参考サイト:日本性感染症学会